お使いの端末はスマホサイトがご利用いただけます。

きんき

きんき

北海道を代表する最高級白身魚。

水深100~1000mに生息する深海魚。北海道では一般に「きんき」といいますが、標準和名では「キチジ(喜知次)」と呼ばれています。鮮やかな赤色の体の中には、栄養をたっぷりと蓄積しており、大きな頭部や目、口が特徴です。北海道では昔からお祝いごとのとき、鯛のかわりにこの魚が「吉事(キチジ)」として登場することが多かったようです。年々漁獲量が減り、希少価値の高い最高級魚として多くの人に愛されています。

※時期により、産地が異なる場合がございます。

食通たちをうならせる自慢の逸品。。

きんきの最大の魅力は、何といっても脂ののりのよさ。脂肪分は、同じ白身魚の鯛が約6%であるのに対し、きんきはその3倍以上の約20%。身だけでなく皮にも脂がありますが、その味わいは濃厚ながらもしつこさがなく、一度食べたら忘れられないほど。また、ふっくらとした身のホクホクとした食感も魅力の一つ。数多くの食通たちをうならせ、白身魚の王様と呼ばれるに値する高級魚です。

きんき

※入荷状況や季節によりメニューが異なる場合がございます。

旨味をぎゅっと閉じ込めた「きんきの一本蒸し」。

素材本来が持つ豊かなうま味とコク、香りを味わっていただきたい。そんな想いから、私どもはオリジナルメニュー「きんきの一本蒸し」をご提供しております。近海で獲れた新鮮な「釣りきんき」を使用し、昆布の上で1本丸ごと蒸し上げた一品。素材そのものの味をお楽しみいただくため、ポン酢でご賞味ください。昆布の芳醇な香りと絶妙な塩気が相まり、釣りきんきの味わいをぐっと引き立てています。ここにしかない感動的な美味をどうぞご堪能ください。

  • 「氷海」での食事付きプラン
  • 「氷海」をもっと詳しく見る

お食事処「氷海」でご賞味ください。

Page Top