スタッフブログstaff blog

スタッフブログ
スタッフブログ
スタッフブログ

知床の観光 2021.08.20 スタッフおすすめ!知床の必見観光スポット7選と2泊3日モデルコース

知床観光ルート



こんにちは!知床第一ホテルライターの津山です。

皆さん、知床を観光したことがありますか?北海道の東部先端に位置する知床は「日本最後の秘境」と呼ばれ、壮大な原生林や希少な野生動物など、知床でしか見られない観光スポットがたくさんあります!

知床は2005年に世界遺産に登録され、雄大な自然を楽しむため世界から多くの観光客が訪れています。ですがそのエリアは広く、知床初心者は、どの観光スポットに行けばいいのか迷うかもしれません。

そこで今回は、知床を知り尽くした知床第一ホテルのスタッフおすすめの観光スポットを7つ教えちゃいます。もちろんスタッフのとっておき情報もあります。さらに2泊3日モデルコースも紹介します!

知床の魅力満載スポットが5分でわかりますので、ぜひこの記事を参考にプランを立ててみてください!

1. 知床の基本情報
まずは知床、特に今回紹介するウトロエリアについて知っておきたい情報をまとめてお伝えします。

<知床(ウトロエリア) 基本情報>
天気 :夏は20度〜24度、冬は最低気温-10~0度、夏でも湿度が低く過ごしやすい
交通 :札幌からバスか車で約8時間 (約400km)、女満別からバスか車で約2時間 (約90km)
観光エリア :ウトロ地区より北側に比較的多くのスポットが位置する


服装ですが、知床は場所や天候により温度差が激しいため、夏でも厚手の長袖や長ズボンを持っていくのがオススメです。また自然を楽しむエリアが多いので、スニーカーや軍手、レインウェアなどもあるといいと思います。

2. 知床のオススメ観光スポット7選
知床に来たらまず訪れたい観光スポット7つを、アクティビティ別にまとめました!皆さんの目的に合わせて、旅行プランを立てる際の参考にしてください。

2-1. 森・山の景色を楽しむ観光スポット
(1) 知床五湖

知床五湖
知床といったらまずは知床五湖!世界遺産エリア内にあり、神秘的な原生林や湖に映る美しい知床連山、そして春〜秋は10~20種類もの動物が見られます。知床の大自然を一度に楽しみたい人にはぴったりの場所です。
知床五湖ルート
出典:環境省 知床五湖 二つの歩き方

春〜秋の散策ルートは2つあります。まずは往復40分ほどで気軽に風景が楽しめる高架木道、こちらは体力に自信がない方やお子さん連れでも安心です。

もう一つは原生林やヒグマの爪痕をじっくり観察できる地上遊歩道です。5~7月はヒグマ出没時期のためツアーガイド同伴が必須ですが、知床で本格的にトレッキングを楽しみたい人にはおすすめです!

どちらのルートにせよ、せっかく知床五湖を散策するなら、余裕を持って半日確保するのがおすすめです。

冬の知床五湖
知床五湖は11月中旬で閉園となり、残念ながら冬は個人散策ができません。しかし1~3月初旬の間だけ、凍った湖の上を歩きながら野生動物や流氷、純白の知床連山を楽しむ特別ツアーがあります!緊張で自分の心臓の音まで聞こえちゃうかも!?体力に自信がある人は是非チャレンジしてください。

<知床五湖データ>
・開園期間:4月下旬〜11月上旬
・交通:ウトロ温泉バスターミナルからバスか車で約20分
・住所:北海道斜里郡斜里町遠音別村(知床国立公園内)
・詳細:https://www.goko.go.jp/index.html
・厳冬期ツアー:https://www.goko.go.jp/winter/index.html

(2) カムイワッカ湯の滝
カムイワッカ


知床で珍しい体験をしたい方は、カムイワッカ湯の滝がオススメです。なんとこの滝、「天然温泉」が混ざっています!滝の温度は大体30度くらいで、大人から子供まで沢登りと滝つぼ内での天然温泉を楽しめます。

滝は岩面が露出しているので、沢登りでは滑らない水中用の靴やサンダル、タオルを準備するのがオススメです。また水深は深い場所で30~40cmなので、小さいお子様は注意が必要です。

6〜10月の期間限定なので、夏に知床を訪れたらぜひカムイワッカの滝で特別な沢登りを楽しんで下さい!
カムイワッカ
<カムイワッカ湯の滝データ>
・開放期間:6〜10月
・交通:ウトロ中心部から車かバスで40~50分
・住所:北海道斜里郡斜里町遠音別村岩尾別
・詳細:https://center.shiretoko.or.jp/guide/kamuiwakka/

(3) オシンコシンの滝
オシンコシンの滝
手軽に知床の自然を楽しみたい人にはオシンコシンの滝。日本の滝100選に選ばれました。途中から流れが2つに分かれるため「双美の滝」とも呼ばれ、階段の先には落差30mの滝が目の前に現れます。

春〜夏は雪解けで水量が増した迫力ある姿を、冬は水の流れを残したまま凍りついた美しい姿が見られます。また展望台からはオホーツク海が一望でき、冬は流氷観察も楽しめます!

さらにここだけの話、周囲に電灯らしいものはないので夜の真っ暗な時間には最高の星空スポットに変身。思い出作りにぴったりです!

駐車場から歩いて5分で絶景スポットに辿り着けるので、ドライブ中でも気軽に立ち寄れるのが嬉しいですね!

<オシンコシンの滝データ>
・期間:一年中
・交通:ウトロ中心部から車またはバスで約10分
・住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ西
・詳細:https://www.shiretoko.asia/oshinkoshin.html

2-2. 海の景色を楽しむ観光スポット
(1) フレペの滝
フレペの滝

続いてはオホーツクの海と野生動物を楽しみたい人にぴったりのフレペの滝。水量が少なくしっとり流れることから「乙女の涙」とも呼ばれ、100mの断崖からオホーツクに流れ落ちる滝の神秘的な光景が楽しめます。

実はここだけの話、雪解けの5月頃は、前シーズンの積雪により崖の割れ目から流れる滝の勢いが変わります。なので機会があれば、ぜひ2〜3回違う年に滝の様子を見にきてください!
エゾシカ


フレペの滝までは知床自然センターから遊歩道が続いており、運が良ければエゾシカも見られます。平坦な道のため、体力に自信がなくても大丈夫です!滝を下から見たい場合は、オホーツクから滝を眺める観光船もおすすめです!

ガイドツアーや観光船の情報は、別のブログで詳しく紹介していますので、ぜひこちらも参考にしてください!

ツアーで知床の秘境を満喫!春〜秋の知床お勧めツアー7選

【知床のクルーズ船を徹底解剖】知床観光船を運航している5社のサービスを徹底比較

<フレペの滝データ>
・期間:一年中
・交通:ウトロ中心部から車で約10分、そこから徒歩20分
・住所:北海道斜里郡斜里町遠音別村
・詳細:https://center.shiretoko.or.jp/guide/furepe/

(2) プユニ岬
プユニ湖
続いてはオホーツクの絶景を見たい人におすすめのプユニ岬。水平線に沈む夕陽と、オホーツクの美しい海岸線を一望できる場所です。

プユニ岬は冬の知床で一番最初に流氷を見られる場所でもあり、冬の展望台からはウトロの真っ白な平原が楽しめます。ウトロ中心部から車で5分なので、ホテル到着後に気軽に夕日や流氷を見に行けるのも魅力です!
プユニ湖
知床第一ホテルスタッフの秘密情報ですが、夕日が沈む時間帯は、夏には海が、冬には流氷が、まるで燃えるように真っ赤になる日があります!ウトロ最高のビュースポットなのでぜひ行って欲しい場所です!

<プユニ岬データ>
・期間:一年中
・交通:ウトロ中心部から車で約5分
・住所:北海道斜里郡斜里町
・詳細:https://www.shiretoko.asia/puyuni.html

(3) オロンコ岩
オロンコ岩
最後はウトロの全部を見渡したい!という方にぴったりのオロンコ岩。ウトロ港近くにある、高さが60mもある巨岩です。

オロンコ岩の頂上は平らで、岩礁が透けて見えるほど青く澄んだオホーツク海やウトロの町並み、知床連山などが一望できます。ただ頂上までは170段の急な石段が続くため、元気なときに行くのがオススメです!

頂上には北海道の名付け親でもある幕末の探検家「松浦武四郎」の記念碑や、森繁久彌の「知床旅情」の歌碑が立っています。歴史好きの方にもぴったりですね!

そしてまたこちらもスタッフの秘密情報ですが、岩の頂上は海以外一切視界に入らない夕日を見られる最高のスポットです!さらに春〜秋の漁業シーズンは、早朝4時ごろに登ると朝焼けの中出発する漁船の姿を見ることができます!

<オロンコ岩>
・期間:4月下旬~12月上旬(無雪期)
・交通:ウトロ中心部から車で約5分
・住所:北海道斜里郡斜里町ウトロ東
・詳細:https://www.shiretoko.asia/oronkoiwa.html

2-3. ドライブで楽しむ観光スポット
(1) 知床峠
知床峠

ドライブなら絶対外せないのが知床峠。ウトロと羅臼を結ぶ知床横断道路の頂上で、知床連山の尾根にあたる標高738mの場所にあります。知床峠からは、夏は残雪と新緑のコントラストが、秋は紅葉色に染まった羅臼岳の絶景が見られます。

ここで知床峠のとっておき情報ですが、頂上の駐車場まで行くと天候が良ければ国後島が見られます!またウトロ側から山頂に登る道路脇に小さい駐車スペースがあり、そこはオホーツク海を眺めながら羅臼岳を見ることが出来る隠れスポットです!
知床峠と野生動物
この知床峠につながる知床横断道路、11月〜4月下旬は通行止めのため、春〜秋限定のドライブになります。途中でエゾシカやキタキツネ、ヒグマなどの野生動物に遭遇することもあるので、運転には十分注意してくださいね!

<知床峠データ>
・期間:4月下旬~11月上旬(予定)
・交通:ウトロ中心部から車で約20分
・住所:北海道目梨郡羅臼町湯ノ沢町
・詳細:https://www.shiretoko.asia/shiretoko_touge.html

3. 2泊3日モデルコース紹介
知床第一ホテルはウトロの中心部に位置しており、これらのスポットを巡るのに最適なホテルです!また、宿泊者限定のレンタカー30%割引もご用意しています!車は空港で借りることも可能です。

知床第一ホテルレンタカー

今回は、知床第一ホテルに宿泊した場合の2泊3日モデルコースを紹介します。時間は渋滞や天候影響がない場合の目安なので、当日の様子は必ずホテルスタッフに確認してくださいね!

※冬は通行止めが発生するのでコース変更が必要です

<2泊3日 モデルコース紹介>
1日目 午後のみ
女満別空港からレンタカー==車(90分)==オシンコシンの滝(45分)==車(15分)==プユニ岬で夕日(30分)==車(10分)==知床第一ホテル(宿泊)

2日目 終日
知床第一ホテル==車(20分)==知床五湖(4時間)==車(30分)==カムイワッカ湯の滝(90分)==車(40分)==知床峠で写真撮影==車(20分)==知床第一ホテル(宿泊)

3日目 午前のみ
知床第一ホテル==車(5分)==オロンコ岩(40分)==車(10分)==フレペの滝(2時間)==車(110分)==女満別空港(お疲れ様でした!)


心ゆくまで知床のスポットを堪能した後は、知床第一ホテルでオホーツク海を一望できる天然温泉と、ホテル自慢の海鮮料理やスイーツを楽しんでください!

以上、ライターの津山がお届けしました!

 

ライター津山

writer profile知床第一ホテルライター 津山香織

国内・海外旅行が大好きで年に10回以上は旅行に行きます!美味しいご当地グルメを探すのが得意で、特に台湾グルメについては台湾人より詳しいと評判です。一番好きな食べ物はお寿司なので、魚介類の宝庫「知床」でウニやカニを心ゆくまで堪能するのが夢です(笑)。ブログを通じて、知床の魅力をみなさんに全力でお伝えします!

hobby旅行、美食スポット巡り、カラオケ